瓜生岩子

Uryu Iwako

女性初の藍綬褒章を受賞、「日本のナイチンゲール」と呼ばれる社会福祉の母

瓜生岩子刀自生誕之地碑(若狭屋)

昭和27(1952)年建立。数メートルほど入った所に、幼少期を過ごした油商/若狭屋があった。

瓜生岩子の墓・坐像(示現寺)

明治30(1897)年4月19日に69歳で病没。本堂裏の墓域にある。
坐像は昭和7(1932)年に建立されたが戦争で供出。昭和30(1955)年に再建された。

瓜生岩子記念館(蔵の里)

記念館には瓜生岩子の功績と共に、岩子の銅像、包帯クズで作った着物、写真、褒章資料など、
様々な資料が展示されている。館内撮影OK。

瓜生岩子刀自裁縫教授所跡の碑(長福寺)

岩子51歳の頃、廃寺であった長福寺を無償で借り受け、貧窮者のための裁縫教授所を開所、
授産指導や相談活動も積極的に行った。当時の建物は老朽化し、昭和56(1981)年に再建された。

熱塩温泉山形屋

岩子が9歳の時、父が病死。母の実家である温泉旅館「山形屋」に身を寄せる生活を送ることになり、
「瓜生」という姓を名乗るようになった。

会津戊辰戦争150年に関するWEBサイト

◆会津若松市戊辰150周年記念実行委員会

http://boshin.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/

◆鶴ヶ城(会津若松城)

http://www.tsurugajo.com/index.html